ポプラ社の絵本「つんで ならべて ちえキューブ」でのびのび読み♪

子育てに積極的に取り入れたいと思っているものはなんですか?いつの時代も人気なのが絵本ですよね。最近ではタブレットなどで読ませる方もいらっしゃると思いますが、あえて紙の本を買ってあげませんか?

本物の、紙の絵本にはいいことがたくさんあるんです。いつから始めてももちろんOK。生まれたばかりの0歳の赤ちゃんでも、3、4歳の幼児になったお子さんでも子供は大人が思っている以上に絵本が大好き!
堅苦しく、行儀よく読間なければいけないという概念を覆す、ポプラ社提唱の「のびのび読み」を試してみませんか?
好きなページを何度も読んでみたり、登場した動物の真似っこをしてみたり、親子で寝転んでリラックスして読んだり。赤ちゃんの絵本を大きいお兄ちゃんお姉ちゃんが読んでもいいんです。
絵本をお手本に絵を書くのも楽しそうですよね。何度も何度も手にとってボロボロになるまで使い込む、そんな絵本は幸せですよね。そうした絵本は必ずその子に染み付いているはず!そのためにも、借りたものではなく、購入した自分の絵本があると、気にせず「のびのび読み」させてあげられますよ。

今回紹介する「つんで ならべて ちえキューブ」は10個の立体ボックスとミニ絵本がセットになった商品です。大きさの異なる10個の箱を積み上げると高さ74センチ!お子さんの身長と比べて遊んだり、手にとって大きさの比較に役立てて遊ぶこともできますね。
ひらがなやABC、おみせやさんといった5種類の絵がついていて、たくさんの言葉も学べます。
遊びながら学べるセットになっているので、初めての絵本としては最適なのではないでしょうか?

ポプラ社「つんで ならべて ちえキューブ」の詳細はこちら

この動画をyoutubeで見る
2017/02/15|105View|ママコラボ, ポプラ社, ポプラ社
ページTOPに戻る