ポプラ社の絵本「脳科学からうまれた あなぽこえほん」でのびのび読み♪

0歳から親しめる赤ちゃんの絵本ってどんなものを想像しますか?
ポプラ社から人気の、赤ちゃんが興味を持つ脳育絵本「脳科学からうまれた あなぽこえほん」をご紹介します。

「脳科学からうまれた あなぽこえほん」はその名の通り、脳科学的検証を重ねてうまれた脳育の絵本です。特に、指先を使った音あそびを重視しており、赤ちゃんの五感をいっぱい刺激して脳の成長を促します。

脳科学的検証1:動物の鳴き声10種と、楽しい効果音10種。そして、リズミカルな歌が、赤ちゃんの聴覚を刺激します。

脳科学的検証2:絵本の中はコントラストが強いカラフルな色合いで、赤ちゃんの視覚を刺激します。

脳科学的検証3:シャッフルボタンを押すたびに、音の場所が変わり、予想外の音で赤ちゃんの好奇心を刺激します。

その他にも、ザラザラとした触感のボタンがなんとも不思議で面白いです。
想像力が広がる楽しいイラストで赤ちゃんとかくれんぼあそびもできちゃいます。ママが一緒に関心を示してあげると赤ちゃんもきっと大喜び。

赤ちゃんが夢中になる音あそびがいっぱい詰まった「脳科学からうまれた あなぽこえほん」おすすめです。

絵本はお行儀よく静かに読まなくていいんです。
ポプラ社提唱の「のびのび読み」で楽しく赤ちゃんの脳を育みませんか?

ポプラ社「脳科学からうまれた あなぽこえほん」詳細はこちら

この動画をyoutubeで見る
2017/04/04|130View|ママコラボ, ポプラ社
ページTOPに戻る