【離乳食】効率よく野菜を補うために行ったこと

生後5〜6ヶ月頃になると、パパやママが食事をしているのを見て、よだれをダラダラ流したり、赤ちゃんが手を出してきたりと、離乳食を始めるサインが見られるようになります。ただ、思った以上に手間と時間がかかってしまう「離乳食作り」。一生懸命作っても、お子さんのその日の機嫌や偏食等で、スムーズに食事が進まないこともありますよね。そこで今回は、先輩ママが「離乳食の効率化」についてお話ししてくれました。【おかゆは食べてくれるのに、野菜を嫌がるとき】など、効率よく栄養を補うためには、どうしたらよいのでしょうか。対処法や調理方法など、詳しい内容は、ぜひ動画をご覧ください。
離乳食初期の段階では、「赤ちゃんが、母乳やミルクの以外のものに慣れること」に重点をおきながら、赤ちゃんが食事を楽しめるように、雰囲気作りも大切にしていきましょうね。

この動画の関連情報
離乳食について|ベビカム

この動画をyoutubeで見る
83View|2019/08/26

関連動画

カテゴリー

ページTOPに戻る