胎教【話しかけ】妊娠8ヶ月♡様子と効果をご紹介します♪

“幸せいっぱいのプレママの皆さん♡胎教について気になる方も多いのではないでしょうか。いつから始める?何をしたら良い?疑問もたくさん!
そこで今回は、胎教についての知識と、胎教のひとつである「話しかけ」を行う様子をご紹介していきます♪
胎教とは…胎児に文字などを教える知育としての印象をお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、実は「ママがリラックスすることで、その結果、胎児にも良い影響を与えることができること」だと言われています。
胎教の方法としては、胎児の耳の機能が成長し、ママのつわりも落ち着くと言われる、妊娠中期の5ヶ月頃から「音楽を聴く・歌う」「絵本を読み聞かせる」「お腹を撫でる等のコミュニケーションをとる」「お腹の赤ちゃんに話しかける」等が挙げられます。どれも手軽に出来そうですね。
今回は、妊娠8ヶ月のプレママさんに撮影にご協力して頂きました♡この頃のお腹の赤ちゃんは聴覚も発達し、ママの優しい声がしっかりと届いていることでしょう♡お腹に赤ちゃんがいる時から、話しかけをしていると、赤ちゃんが生まれてからも、自然とたくさん話しかけることが出来るそう♪とっても簡単に出来ますから、時間を見つけて是非お試し下さいね。
胎教を行うことにより、赤ちゃんが「穏やかに育つ」「夜泣きがあまりない」等、赤ちゃんへの効果が期待出来ます。また、ママには「赤ちゃんと絆が深くなる」「自覚が芽生える」等の効果も♪
胎教を通して、お腹の赤ちゃんとコミュニケーションをはかり、幸せな時間を過ごしましょう♡”

この動画の関連情報
妊娠8ヶ月 「胎児の状態」

この動画をyoutubeで見る
380View|2016/01/15

カテゴリー

ページTOPに戻る