守ってあげたい!赤ちゃんの秋冬寒さ対策4選⭐︎【室内編】

赤ちゃんは体温調節がまだまだしっかりできませんよね。これから本格的に寒さが厳しくなってきますが、赤ちゃんのための寒さ対策は大丈夫ですか?今回は、先輩ママにどのような対策をしていたのか「体験談」を聞いてみました!

【室内環境】
暖房は日中、常につけていました。でも、夜間に関しては授乳の時のみつけていました。(温度20~23℃・湿度40~60%くらいが快適です)

【布団を温める】
布団乾燥機が重宝しました。寝る少し前に温めておくと、抱っこで寝かしつけた後も暖かい布団だからか寝かしつけがスムーズでした。ダニの対策にもなるし一石二鳥です。

【沐浴】
お風呂場は意外と冷えるので、リビングからキッチンまでを温めてキッチンのシンクで沐浴していました。そうすると、湯上げ後に行う保湿なども暖かな部屋でスムーズにできました。

【肌着】
一般的な長肌着、短肌着とは別に綿の分厚い肌着を準備していました。一見暑すぎるかとも思ったけれど、冬の寒い時期に着せてみるとポカポカしていてちょうどいい感じでした。

秋冬の寒い時期はないかと揃えるものが増えたり、気を配ることが多くなりますが赤ちゃんのためにしっかり寒さ対策をしてあげましょう!

【引用元】
赤ちゃんに快適な部屋づくり|ベビカム

この動画をyoutubeで見る
3,606View|2017/11/10

関連動画

カテゴリー

ページTOPに戻る