【妊娠5ヶ月の戌の日】腹帯買った?どのタイプ使ってた?

日本には古くから妊娠5ヶ月目に入った最初の戌の日に、妊婦さんが腹帯を巻いて安産祈願のお参りをする風習があります。
腹帯をつけることで、からだのバランスがうまく取れておなかの赤ちゃんへの衝撃をやわらげることができます。
また妊娠中のからだは部位によって温度差が生じてしまうため、下半身だけが冷えている場合があるので腹帯でおなかの冷えを予防できます。
先輩ママはさらしタイプを産院からプレゼントされ、体型やおなかの大きさに合わせることができるので長く使えたようですよ♪
妊婦帯はガードルタイプやベルト式など様々な種類があり、産前〜産後までずっと活用できるタイプもあるので、
素材や柄などのバリエーションも豊富なので用途や好みに合わせて選んでみるのもいいですね♪

【参考】
戌の日に安産祈願っていつするの?どこの神社がおすすめ?腹帯って? | ベビカム

妊婦用の腹帯、おすすめのタイプを教えてください|ベビカム

この動画をyoutubeで見る
642View|2017/11/15

関連動画

カテゴリー

ページTOPに戻る