【素早く作れる】基本のミルクの作り方

赤ちゃんのミルクの基本的な作り方をご紹介します。
(用意するもの)
・哺乳びん
・粉ミルク
・沸騰済みの70〜80℃のお湯
・湯冷まし

(作り方)
☆哺乳びんは消毒済みのものを使用しましょう。
①ミルクのパッケージをチェックし作る量を決める
②添付のスプーンを使用し、哺乳びんに必要量のミルクを入れる
《point》ミルクをスプーンですくったら必ずすりきること
③沸騰後、70〜80℃に冷ましたお湯をミルクの出来上がり量の約2/3入れる
④ミルクを溶かすため哺乳びんを振る
⑤溶けたら出来上がり量まで湯冷ましを入れ、軽く混ぜ合わせる
⑥腕の内側にミルクを落とし、温度を確認する
《point》体温くらいの温度が理想
⑦熱ければ流水、または冷水を張ったボウルに浸けて冷ます
⑧再度ミルクの温度を確認し、よければ完成

出来上がり量までお湯を入れてもかまいませんが、適温に冷ますのに時間がかかってしまいます。湯冷ましを用意しておく事で、赤ちゃんを待たせる時間がぐんと減り、ママも楽に素早く調乳することができますよ。

この動画の関連情報
母乳・ミルクグッズについて|ベビカム

この動画をyoutubeで見る
694View|2018/05/23

関連動画

カテゴリー

ページTOPに戻る