【室内】蒸し暑い夏育児はこう乗り切る!!

蒸し暑〜い夏!赤ちゃんと過ごす室内ではどんな事に注意が必要?ポイントを押さえて夏の育児を乗り切りましょう。

●直射日光が当たらない場所で過ごす
室内でも直射日光が当たる場所は避けるようにしましょう。遮光カーテンを使用したり、クーファンやバウンサーなど、赤ちゃんが寝ていても移動ができるようにするなど工夫をしてみましょう。

●エアコンの温度は26〜28℃に
エアコンを使用する際は赤ちゃんが冷えすぎないように注意!赤ちゃんの近くに温度計を置いておくと室内の実際の温度が管理しやすいのでおすすめです。

●あせも対策
通気性の良い素材の服やシーツを使用してあせもを防ぎましょう。また、汗をかいたら軽く流す程度に沐浴させてあげるのもおすすめです。
授乳時はママの腕と赤ちゃんの首の後ろが密着し汗をかきやすいので、ガーゼやタオルを挟むようにすると汗を吸収してくれますよ。

この動画の関連情報
夏に注意したい体のトラブル|ベビカム

この動画をyoutubeで見る
413View|2018/06/26

関連動画

カテゴリー

ページTOPに戻る