【臨月】妊娠10ヶ月の健診って何するの?

妊娠中の健診内容は週数で少しずつ異なります。今回は妊娠10ヶ月の健診内容をご紹介します。

検尿、エコー・・・これは初期の頃から何度もやっているのでお馴染みですね。

内診・・・妊娠37週から再び内診があります。初期の頃にやっているものとは少し違い、妊娠に向けて体の準備がどれくらい進んでいるかを医師の手で直接に確認します。苦手なママも多いと思いますが、リラックスして臨みましょう!

NST(ノンストレステスト)・・・ママのおなかに分娩監視装置をつけて1時間ほど安静にしておなかの様子を観察します。ハリの状態や赤ちゃんの動き、赤ちゃんの脈のようすなどがわかります。ほかにも、子宮の収縮が起こって、赤ちゃんにストレスがかかっていないかなどをチェックしています。
この検査にかなり時間がかかるので、臨月の健診に行くときは、時間に余裕を持って出かけましょう。
出産までもうすぐ!おなかの中にいる「胎児」の赤ちゃんを見れる貴重な時間を楽しんでくださいね。

この動画の参考元
妊娠10ヶ月(妊娠36週,37週,38週,39週,妊娠後期) 健診のポイント |ベビカム

この動画をyoutubeで見る
121View|2018/09/03

関連動画

カテゴリー

ページTOPに戻る