産後1ヶ月!ママが感じた辛かったこと

出産を境に、産後は楽しいことがたくさん待っていると思っていませんか?
もちろん、赤ちゃんに会えて幸せいっぱいなことは間違い無いのですが、ママのからだが産前と同じに戻らないまま育児に追われますし、赤ちゃんのお世話ってとにかく自分が持っている最大限の「体力」と「精神力」で立ち向かわないともちません!!!今回は、そんな産後の1ヶ月に注目し、思い返すとどんなことが辛かったのか…。先輩ママたちに聞いてみました♪

①睡眠不足
昼夜問わず、赤ちゃんに合わせて動くのでママは常に寝不足な状態。さらに、終わりが見えない感じが、辛さに追い討ちをかける。
②おむつ替え時のおしっこ事件(男の子)
男の子のおむつ替えの際、すぐにおむつを全部広げてしまうと、おしっこを飛ばしてしまうことが多々あるので、すぐに全部広げず徐々に広げていたのだけれど、どうしても息子はおむつを全部広げた時におしっこを飛ばしていた。毎回のことで気が滅入ってしまうのに加え、着替えや掃除も重なりとても大変だった。
③授乳時の乳首が痛い
授乳間隔はだいたい3時間おきくらいと聞いていたけれど、いざ生まれてみると頻繁に泣く子だったため、ほとんど1時間おきの授乳で乳首が切れてとても痛く、毎回歯を食いしばって授乳していた。
④産後の入浴
出産後1ヶ月は湯船につかれないのだが、子どもが真冬生まれだったため、日中育児に追われ疲れたからだをゆっくり休めることもできず、シャワーのみでお風呂に入り、温まることもできずあがっていた。寒い時期だったためとても辛かった。

このような感じで、産後1ヶ月は辛いことも多々あるかと思いますが、その後はだんだんと育児に慣れだしますし、可愛い赤ちゃんと過ごす日々の中で楽しいことも増えていくと思います。
でも、もしも本当に辛くてたまらない状況が続くようであれば、気軽に周りを頼って、育児を楽しいものにしていきましょう!

この動画の関連情報
生後0歳 0ヶ月 ママのからだと心 | ベビカム

この動画をyoutubeで見る
2018/01/08|234View|妊娠初期

カテゴリ一覧関連動画


ページTOPに戻る